英会話講師になるには

英会話教室

英会話の講師になりたい!と思っても、何か資格がいるのかしら?と考える方も多いでしょう。 でも実際には必ず必要と言われる資格は何もありません。

では、実際に英会話講師になるのはどうするのだろう・・・

そんな方に最短で確実に英会話講師になれる流れをご紹介します。

あくまでもこれはイチ会社が行っている、「実際に英会話教室を開校するまでの流れ」となります。 どの会社も似たような感じになると思いますので、参考になると思います。

ECCジュニアで行っている英会話教室の開校までの流れ

  1.  資料請求→こちらから

    まずはじめは資料請求でECCのことを詳しく知って下さい。

  2.  説明会

    レッスンやホームティーチャーのインタビュー映像、また教材を手にとってご覧いただいたりと、説明会は盛りだくさんの内容です。 実際の教室風景や教育・運営面についてDVDや実物教材を使用して、詳しくご説明致します。

    「まずはECCジュニアを知っていただこう!」そんな思いで説明会を開催していますので、 「子どもたちに教えたい」というお気持ちをお持ちなら、ぜひ一度説明会にご参加ください。

    ▼コース・教材について
    レッスンの映像や実際の教材をご覧いただきながら、教材・教授法について詳しく説明します。
    ▼サポート体制について
    生徒募集活動や日々の教室運営をサポートするシステム、また教育・運営両面のノウハウを修得いただける研修システムについてご説明します。
    ▼収入システムについて
    収入の算出方法をタイムスケジュールの例などを交えて分かりやすくご説明します。
    ▼教室開講までの流れ
    説明会参加から教室開講までの流れをご説明します。

  3.  口頭・筆記テスト

    現在お持ちの学力を確認し、開設プランのアドバイスの参考にさせていただきます。 ほとんどが「テストは何年ぶり」という方ばかりなのでご心配は不要です。お力試しのつもりで、リラックスしてお取り組みください。

  4.  個別相談会

    説明会で理解しきれなかった内容や感じている不安、あなたのライフスタイルにぴったりな働き方など、お一人おひとりの質問や相談に個別でていねいに対応いたします。 また個別にご質問にお答え致します。 ※当日にご契約いただくことはございませんので、ご安心ください。

  5.  結果通知

    説明会から1週間以内に結果をお知らせします。ECCジュニア教室を開設するかどうかは、この時点でお決めください。

  6.  教室確保

    ご自宅、貸会場テナントのいずれかで教室を開設することが可能です。教室開設契約を結ぶ前に、担当スタッフと相談しながら教室場所を決定します。 また教室を近くの会場を借りて開く場合、教室運営補助金推薦制度を利用することが出来ます。 ECCジュニアと教室開設契約を結ぶ前に、教室場所を確定していただきます。

  7.  契約会

    契約にあたっては、契約金3万円・履歴書(写真貼付)・住民票・認印・4,000円の収入印紙をご用意ください。 当日、担当スタッフが契約内容について詳しくご説明します。運営費等については各種条件を考慮したうえで、ECCジュニアと個別に契約を交わし決定となります。 この契約期間は2年間です。規定通りの教室運営が行われた場合、それ以降は自動的に更改されます。なお契約更新料は不要です。

  8.  生徒募集・研修・開校準備

    開校コース別に研修を行います。研修修了時に、ECCジュニア ホームティーチャーの「講師認定証」をお渡しします。 ホワイトボード等、教室備品類の準備を始めましょう。開設時に教室名入りの看板を提供します。 また、教室名入りのチラシをECCジュニアが作成し、新聞折込み広告を実施します。ポスター・パンフレットなども毎年無料で支給します。 担当スタッフが親身になってサポートしていきます。

    また研修はコース別に行っていきます。研修終了時にホームティーチャーの「認定証」をお渡し致します。

  9.  教室スタート

    開校後も、担当スタッフが、教室運営全般についてサポートしていきます。募集活動応援費として5万円を支給する制度もあります。

ページの先頭へ