ベネッセの英会話教室

ベネッセコーポレーションはベネッセホールディングスを親会社とする事業会社です。

住所:岡山県岡山市北区南方 3-7-17
創業:1955年1月28日
資本金:30億円

ベネッセのこども英会話教室では、先生を募集しています。
ホームページでは、
■開校資金 0円
■ベネッセグループのネットワーク力で生徒が集まる。
■あなた専任スタッフ&充実の研修
とあります。

ベネッセの子供英会話教室の先生募集HPはこちらです。→

ベネッセの英会話教室を開くためのポイント

ベネッセは教育事業を主に行っている会社として国内ではかなりの規模を誇っており、テレビコマーシャルや新聞、雑誌の広告などを通じて盛んに自社の事業内容をアピールしています。 大企業が行っている事業とあり、たくさんの利用者が存在し、安定した実績を積み重ねています。

グローバルな人材を求める会社が多くなったことから、子供に英語を学ばせる傾向が強くなっていますが、ベネッセでは子供向けの英会話教室のサービスを提供しています。

ベネッセの教室を開くことができます。

親の立場として子供の学力向上のために教室に通わせるだけでなく、ベネッセの英会話教室を自宅で開くこともできます。 自宅で教室を開くポイントして大きいのが、勤務先まで向かう必要がないため、子育て中の立場であったり、家を離れられない事情のある人でも、仕事で収入を得られることです。

内職と違って、子供たちやその親御さんと実際にふれあい、コミュニケーションがとれますので、飽きにくいのが魅力です。 直接的に人と接することになりますから、人と話をすることが好き、社交性のある人が向いている仕事だといえます。

知名度と英語力

ベネッセの知名度があるため、何もない状態から英会話教室を始めるよりも成功しやすいのがポイントです。 ですが、英会話教室として機能させるためにも、ある程度の英語力が求められます。 学校の授業で良い成績をおさめたレベルではなく、実際に英会話の塾の講師をしたことがあったり、仕事で英会話を使用していた、留学経験があるなどの、一定レベルが欲しいところです。

大人に対してではなく、子供が理解できるレベルの英語力が必要です。 昔に比べると、周囲の英語教育のレベルが高まりつつあることから、そのレベルに対応できるくらいの英語力を習得しているかが、成功のポイントになってきます。

知名度と英語力

ある程度の自信があるなら、積極的にベネッセに問い合わせることをおすすめします。 ベネッセの英会話教室の公式サイトに、提携パートナー教室募集という専用のページが設けられており、そこからお問い合わせや資料請求ができる仕組みになっています。 電話でも対応してくれます。 平日の10時~12時、13時~17時の受付時間中に連絡をするのがポイントです。

気になる費用や報酬

気になる費用や報酬などの問題ですが、初期費用が発生しません。

資金をあまり用意できない人でも、教室を開けるハードルの低さがベネッセの英会話教室を利用するメリットです。 ベネッセの英会話教室では11のコースが用意されており、子供の年齢や受講期間などによって入会金や受講費、教材費などが設定されています。

公式サイトを見ればその費用がわかりますが、公式サイトのものはベネッセの直営教室のものですので、自宅で教室を開く際にはまた別の設定になる場合があります。 この点は、ベネッセの担当スタッフのアドバイスを通じて決定する流れになる可能性が高いといえます。

基本的に、受講する顧客から支払われるこれらの費用から経費を引いた分が、報酬として受け取れる仕組みです。 しかし、ベネッセの英会話教室をこの手段で開く場合には、ロイヤリティをベネッセ側に支払う必要が出てきます。 これはベネッセが持っている商標権や著作権、特許権がある様々なサービスや物を利用して英会話教室を開くことになるためで、権利を持つ相手に支払うのは義務のようなものだと覚えておくのが、重要なポイントです。

ベネッセの子供向けの英会話教室の場合だと、月に1万5000円のロイヤリティを支払います。 ただし、このロイヤリティは生徒の数で比例して増えることがありません。 生徒が1人だけでも、50人いても同じ金額です。 そのため、大勢の生徒を集めるほど手元に残るお金が増えるため、多くの収入を獲得できるチャンスがあります。

ちょっとした注意点

授業を行うペースは割とゆっくりでも構わない仕組みになっており、週1回からでも開くことができます。 英語力を身につけておくことが重要ですが、英会話教室の経験がなくてもサポート体制がしっかりしていますので、始められます。 英検やTOEICの基準などは存在しません。

注意点として、自宅で英会話教室を開くには、一定の地域に該当することが条件に含まれます。 東北や首都圏、北陸に中部、関西と福岡の一部地域だけに対応しますから、この地域に含まれているか事前に調べておく必要があります。 ベネッセに問い合わせれば、簡単に知ることが可能です。

もし、該当地域に含まれないのであれば、外部会場で教室を開くことも可能です。 大手企業の施設を使用したり、最寄りの集会場などを使って行う方法などがあります。 詳しくは説明会に参加して、話を聞いたり、質問をすると理解が深まります。

週1回から開けるのが便利ですが、あまりにも少ない回数だと生徒が集まってこなくなる心配があるため、ある程度の時間を確保できる状態で教室を始めるのが無難です。 1回の授業は50分~70分くらいです。 集客についてはベネッセのブランド力を活かしつつ、DMやポスティングを駆使して独自に行うスタイルが中心になります。

公式ホームページ