英会話スキルアップ

英会話講師になりたいならまずは英会話のスキルを上げること。
これは絶対条件です。 正しい発音や知識が必要になってきます。 英会話の先生を目指すなら、日々の努力を怠ってはいけません。

英会話上達のための方法とは

英会話上達

自宅で英会話教室をやりたい場合にまず考えなければいけないのは英語力がどれぐらい必要なのかということです。 英語力があればあるほどいいというのは誰でもわかりますが、例えば英語の何か資格を所有してたり留学経験があったり、または教員免許あればいいのかというと必ずしもそうではないのです。

英会話教室に限らずビジネスで重要なことは相手のニーズを汲み取るということです。 子供に教えるときには英語力よりも子供好きとか子供への適応能力が重要となってきます。

出来る子もいればできない子もいる、そしてクラスに馴染めないでいる子をどのようにしたらいいのかという子供の気持ちを理解してあげる必要があるのです。 そのような状況では親とのコミュニケーションも重要となってくるので、今後もこの教室に通わせてあげたいという気持ちにさせることが必要です。

逆に高校卒業した年齢以上の大人になるとそのような気遣いがほぼ不要になる代わりに高い英会話能力が求められます。 生徒にはビジネスで使いたい人や留学したい人、または資格を取得したい人などさまざまな目的で来ます。

中には講師を超えるような英会話能力を求める生徒もいるかもしれませんが、そんなときは正直に自分の英語能力を伝えることも必要となってきます。 ご老人の中には英会話が目的ではなくコミュニケーションを図ることを目的として来る人もいます。 そのような場合には本格的な英会話というよりゲーム感覚で教えるということもあります。

このようにクラスによって臨機応変に対応できるのが個人で教室を開くメリットですが、個人の他にフランチャイズに加盟して教室を開くという方法もあります。 フランチャイズとは本部に加盟料を支払って加盟店となり看板を借りて教室を開く形態です。

■この方式のメリットはノウハウがあるのでどのように生徒を集めればいいのか、またはどのような運営をしたらいいのかというアドバイスが受けられることです。

■デメリットはある程度本部のいいなりにならなければいけない点です。

どちらがいいのかはメリットデメリットをしっかり把握した上で検討するのがよいです。 まずはあなた自身の英会話のスキルアップは何より大切ですよ。

ページの先頭へ